ゆあのひとりごと

好きなことをなんでも発信する雑記ブログ

『世界のテディベア』というガチャガチャのクオリティが高い!全8種類集めたくなる可愛さ

f:id:kennzya:20200715212730j:plain

 (^-^*)コンチャ! ゆあです。(@yuahitorigoto)

 

突然でずが、みなさんはテディベアって興味ありますか?

 

僕はアンティークやヴィンテージものが大好きで、昔からひとつでいいのでテディベアが欲しいなーと思っておりました。

 

有名なのが「シュタイフ社」のテディベアですが、アンティーク品となると、お値段は全く可愛くない驚くほどの値段。

 

でも、どうしてもテディベアがほしいと思っていたところに、先日とあるガチャガチャを見つけたので、本日はとっても可愛いテディベアのガチャガチャをご紹介します。

 

商品紹介

f:id:kennzya:20200715222457j:plain

作品紹介
製品名 世界のテディベア
ジャンル フィギュア
種類 全8種類
発売日 2018年4月発売
価格 300円

 

実際に並べてみた感想

f:id:kennzya:20200716090338j:plain

めちゃくちゃ可愛いよね!

 

しっかり土台もついていて、世界のテディベアという名前だけあって、各国を象徴するようなアイテムと一緒に飾れるようになっています。

 

例えばアメリカのテディベアだとキャデラックかな?アメ車だったり、イギリスだと古い船、ドイツだと赤い電話など。

 

調べたところによると

  1. ドイツ ベルボーイテディ 1920年頃
  2. アメリカ 着ぐるみテディ 1950年頃
  3. ドイツ モヘアテディ 1913年頃
  4. ヨーロッパ地方 ツートンピエロ 1915年頃
  5. ドイツ スキーテディ 1910年頃
  6. イギリス エドワードテディ 1913年頃
  7. オーストリア フランツテディ 1903年頃
  8. ドイツ ホワイトテディ 1909年頃

だそうです。

こういう細かいところまで再現されていて300円は安い。

 

また大きさは4cm~6cmと丁度いい大きさ。

 

ガチャガチャなので、どうしても小さくはなってしまいますが、玄関やキッチンカウンター、コレクション棚にちょこんと座らせて置いておける大きさなので、さりげないオシャレができます。

 

ただ、小さいお子様が居る方は要注意です。

誤って口に入れないように気をつけてくださいね。

 

種類ごとに歴史が分かる説明書付き

f:id:kennzya:20200716085155j:plain

このガチャガチャが凄いところが、各種類ごとのテディベアの歴史が書かれている説明書付きというところ。

 

いつ頃そのテディベアがどこで作られたなど、詳しく説明されているので、テディベアの知識も深まり、テディベアに興味持った人や既にコレクションしている人も納得させるものになっておりました。

 

小さな知識ではあるけど、ここから本物テディべアの魅力にハマり買っちゃう人もいるのではないでしょうか。

 

まとめ:世界のテディベア

最近のガチャガチャはクオリティが高いと聞いていたけど、2年前のガチャガチャで既にこのクオリティでした。

 

クマ好き、テディベア好きにはたまらないフィギュアではないでしょうか?

 

今回たまたま見つけることができましたが、2年前の商品ということもあり、今では売っていないかもしれませんので、見つけたら即ガチャガチャすることをオススメします。

 

みなさんもぜひコンプリート目指して集めてみてください。